Game Physics 2015 – 6

放物線運動

モノを斜めに投げ上げる運動を考えていきましょう。ボールを投げたり、大砲を撃ったり、ジャンプしたりする場合に使えます。

斜めへの運動は、斜め方向の初速度と投げ上げる角度で決まります。それを縦と横方向に分解するために、三角関数を使います。

DX Libraryを使って、実際にボールを投げるプログラムを作成してみましょう。

  • 日付、制作者名は書き換えてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください