Cocos2d-x Native Debug using Eclipse

前提とする環境

  • Cocos2d-x v3.5
  • Eclipse Luna
  • Android SDK 22
  • Android NDK r10d

Cocos2d-x プロジェクトの作成

cocos new -p com.drjiro.test -l cpp test

Eclipseへの登録

  1. Eclipseの環境設定
    • CDT(C/C++ Development Tool)のインストール
    • Preferenceで、Android->NDKで、NDKのインストールパスを設定
  2. ワークスペースへプロジェクトをインポート(File->import->Existing Projects into Workspace)
    • proj.android
    • lincocos2dx
  3. ビルド環境の設定
    1. proj.androidを右クリックでPropertiesを開く
    2. C/C++ Buildを選択
      1. Environment を選択して、環境変数を追加
        • Configuration: [All configurations]
          - Name: COCOS_CONSOLE_ROOT
        • Value: (Cocos2d-xインストールパス)/tools/cocos2d-console/bin
      2. 再度、C/C++ Buildを選択して、Builder SettingsでBuildコマンドの変更
        • Build Command: ${COCOS_CONSOLE_ROOT}/cocos compile -p android -m debug –ndk-mode NDK_DEBUG=1
    3. AndroidManifest.xmlのminSdkVersionを、実際にビルドするバージョンに合わせておく
  4. ビルド
    • proj.androidを右クリック->Build Project
  5. デバッグ
    • proj.androidを右クリック->Debug As->Android Native Application
    • 実機が繋がっていれば、実機にアプリがインストールされ、デバッガと接続するはず
  6. 成功しているかどうかの確認
    • libs/armeabi/ の下に、gdbserver、gdb.setup libcocos2dcpp.soがあればOK

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください